Home >> 診療内容 >> お悩み・症状別 >> くすみ・目のクマ

くすみ・目のクマ

「くすみ」とは「クマ」とはくすみ・目のクマの原因治療方法

「くすみ」とは

「お肌全体の血色が悪くなったり、つやや透明感の減少、メラニンの色素沈着による色むらやシミによって
ぼんやりとした色調や影ができる状態を言います。

「くすみ」という言葉は、医学用語ではなく、化粧品業界などで使用され、一般の方にも広がって日常的に
使用されるようになった言葉です。

「クマ」とは

目の周り、あるいはその一部が黒みがかっている状態を言います。 ほとんどは、目の下に発生しています。

クマは、まぶたの皮膚の静脈のうっ血やメラニンによる色素沈着によっておこります。

体調(過労、睡眠不足、疲れ目、ストレス)や加齢などによって症状は悪化します。

また、クマの中には、クマと見間違えやすいアザの一種の後天性真皮メラノサイトーシス(遅発性両側性
太田母斑様色素斑)である場合や合併していることもあるので注意が必要です。

くすみ・目のクマの原因

くすみ・目のクマには様々な原因があります。血行不良はその中でも最も大きな原因です。
顔面(特に目の周り)の皮膚の厚さは他の部位に比べて薄いので、毛細血管の状態が皮膚の色に
影響しやすいのです。血行不良によって肌の赤みが減少し、明るさが低下していきます。

くすみ・目のクマの原因

  • 血行不良(明るさの低下)
  • メラニンの増加(色素沈着)
  • 角質の肥厚・肌の乾燥(透明感の低下)
  • 皮膚の汚れ

皮膚の血行不良や加齢などによって皮膚のターンオーバー(新しい細胞に入れかわる)が遅くなることで、
メラニン排出が遅れてしまうためメラニンの増加が起こり、色素沈着をきたし、ぼんやりとした黒ずんだお肌に
なってしいます。

また皮膚のターンオーバーが遅れると角化異常(肌荒れ)がおこり、古い角質が脱落しないで残ってしまうため
角質の肥厚を招きます。その結果、お肌の透明感が失われることにつながります。 その他、洗顔が不十分で
あったり、化粧品などの肌の汚れによっても生じます。

治療方法

戻る

スマートフォンサイトを開設しました。
スマートフォンサイトを開設しました。

ご相談はこちらへ 0120-417-432 ご予約はこちらへ 0564-65-8711

Copyright 2008 竜美ヶ丘スキンクリニック All Rights Reserved.