Home >> 診療内容 >> 治療方法・機器別 >> Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザー

院長からひとことQスイッチルビーレーザーとは適応症状治療の流れ治療例
レーザー治療後の経過治療料金

Qスイッチルビーレーザーとは

ルビーレーザーの波長694nmは、シミやアザの原因である メラニン色素に対して吸収が高く、コラーゲン組織や ヘモグロビンにはほとんど吸収されません。 そのため正常組織のダメージを最小限に抑えながらメラニンを有する細胞のみ選択的に破壊します。数あるQスイッチレーザーの中でも当院のQスイッチルビーレーザーは極力、
熱緩和時間を短く抑え(照射時間20ns(ナノ秒)、 この短い時間に適切なエネルギーを照射することで
レーザー光は真皮部分まで到達し正常組織へのダメージを抑えながら有効な治療を行うことができます。

   

適応症状

治療の流れ

  1. 痛みに弱い方は、あらかじめ照射前(30分〜2時間程前)に治療部位に麻酔のクリームやテープを
    外用します。 
  2. 治療部位をアイスパックにて冷却。(病変の範囲が広い場合や深い場合は局所麻酔を追加します。)
  3. レーザー照射
  4. 照射後アイスパックにて冷却(5〜10分程度)
  5. 軟膏を外用し、絆創膏などで保護します。

治療例(日光性(老人性)色素斑)

 

 


治療例(口唇メラノーシス)

治療例(太田母斑)

治療例(外傷性色素沈着症・鉛筆の芯)


レーザー治療後の経過

  • レーザー照射直後は白色に変化します。
  • この白色変化は約10〜20分程度でなくなり、軽いやけどのような赤みに変わってきます。
  • レーザー後は、治療部に創傷被覆剤(傷用テープ)を貼付して保護します。(もしくは外用してガーゼなどで
    保護します。)(※約10〜14日間処置をしてください。)
  • 洗顔(優しく)や入浴は当日からできます。
  • お化粧はカサブタがとれるまでは治療部を避けてしてください。
  • 数日でカサブタになってきます。(自分でカサブタを取らないでそっとしておいてください)
  • 浅いシミは約10〜14日で自然にカサブタがとれて、ピンク色の皮膚が現れます。(浅いシミは、通常約1〜2回で 治療できます)
  • 深いシミやアザの場合は約3ヶ月〜1年間隔で数回の治療を要します。(深いシミやアザは徐々に
    薄くなってきます。)
  • カサブタが取れた後は、敏感な状態で炎症後色素沈着を来たしやすいので、患部を刺激 しないように
    こすらないでそっとしておいてください。カサブタが取れた後、炎症後色素沈着(一時的に色が濃くなること)を
    来すことがありますが、通常約3〜6ヶ月で徐々に薄くなって改善していきます。 (約6ヶ月〜1年かかる場合も
    あります)
    この間は紫外線防止(遮光クリーム)や美白剤でケアしてください。
  • ※治療の経過や効果は個人差があります。
治療料金

戻る

スマートフォンサイトを開設しました。

ご相談はこちらへ 0120-417-432 ご予約はこちらへ 0564-65-8711

Copyright 2008 竜美ヶ丘スキンクリニック All Rights Reserved.