Home >> 診療内容 >> 治療方法・機器別 >> ライムライト

ライムライト

院長からひとこと適応症状フォトブライト治療の効果
治療方法と治療後の反応トータルな美肌のために治療の流れ治療料金

最新光治療「フォトブライト治療」とは、キュテラ社が開発した光治療機器(ハンドピース)を用いた光(IPL)治療のことです。 従来の光(IPL)治療機器は白人(欧米)向けに開発された規格が多い中で、今回新しく導入された
ライムライトのハンドピースは日本人の肌質(色白の方から色黒の方まで含む)のために日本人医師の監修の
もとキュテラ社が共同で開発したものです。数ある光(IPL)治療機器の中でも比較的痛みが軽く、従来の光(IPL)
治療機器で効果が得られにくかった病変(シミ・そばかす)に対しても確かな効果を発揮します。

適応症状

シミ・そばかす、くすみ、お肌の色調・色むら 赤ら顔、毛細血管拡張症、ニキビ・ニキビ跡、 肌の質感とキメの乱れ、小ジワ、毛穴の開きなど

フォトブライト治療の効果

〔表皮に対する作用〕
●ターンオーバー促進
●停滞したメラニンの排泄⇒くすみの改善、美白効果、キメの改善
●色素の濃い部分に反応⇒シミ・そばかすの改善
●赤みの強い部分に反応⇒ニキビ・ニキビ跡の赤み

〔真皮に対する作用〕
●拡張した血管に反応⇒毛細血管拡張症の改善
●線維芽細胞、真皮コラーゲンへの熱作用⇒コラーゲン増生⇒肌の質感、ハリの改善、毛穴の開きの改善

治療方法と治療後の反応

洗顔後、お顔全体または希望の部位に光を照射します。
照射はお顔全体の場合で約10分程度です。
シミの治療後は、3〜4日で薄いかさぶた(マイクロクラスト)となり、7〜10日かけて剥れていきます。

症状や反応にもよりますが、基本的には約3〜4週間間隔で約5〜10回の治療を繰り返し受けることをお勧め
します。
症状の改善が得られたあとは、効果を維持するために2〜3ヶ月を目安に治療を続けることをお勧めします。

トータルな美肌のために

治療後は、万全の紫外線対策を心がけてください。
色素沈着やしみの再発の原因になってしまいます。

治療の流れ

  1. メイクをおとします。
  2. ベッドに横になります。
  3. まぶしさを防止するためのゴーグルをします。
  4. 光の浸透を良くするジェルを塗ります。
  5. 肌の状態に合わせた設定で照射をします。
  6. ジェルを拭い洗顔をします。
  7. ほてり感が強い場合はクーリングをします。
  8. すぐにメイクをして帰宅できます。

治療料金

戻る