Home >> 診療内容 >> お悩み・症状別 >> ピアス(穴あけ・トラブル)

ピアス(穴あけ・トラブル)

院長からひとことピアスの穴あけが可能な部位ピアスの穴あけ方法
アフターケア
ピアスのトラブル当院の取扱ピアス治療料金

ピアスの穴あけが可能な部位

耳(耳たぶ・軟骨)、鼻、口(唇・舌)、眉、おへそ、胸、デリケートな部位(性器など)、その他。
※その他の部位もご要望に応じて、開けることは可能です。
詳しくはご相談ください。

ピアスの穴あけ方法

  • まずはピアスの位置を決めます。
  • ピアスを開けたい位置を決めて印を付けます。感染しないように消毒をして、それぞれの位置に専用の医療用器具で穴を開けます。
  • 穴あけに要する時間は一瞬で痛みもほとんどありません。

※耳たぶ以外は極少量の局所麻酔をしてから行います。

アフターケア

ピアスの穴が固定するには、約4〜6週間程かかりますので、それまではピアスを交換しないで、つけたままにしておいてください。
洗顔・シャワー・入浴・洗髪は当日から可能です。
感染を起こしやすいので、シャワーなどでピアスの前と後ろから十分に洗浄して清潔にしておくことが大切です。

治療方法

感染を起こした場合、穴あけの位置にシリコンチューブを通して、抗生剤(化膿止め)の内服、外用で治療します。
この治療によって、ピアスの穴が閉じないで済みます。

その他、金属アレルギー、ケロイド(赤く盛り上がってしこりになった状態。かゆみを生じます)、埋没(留め具が埋没)、 外傷(ひっかけて裂けてしまった)などにも対応していますので、お気軽にご相談ください。

ピアスのトラブル

金属アレルギーを起こしにくい医療用「チタン製」・「プラスティック製」などを各種取り揃えています。

金属アレルギーや感染時に使用するシリコンピアスも取り揃えています。

治療料金

戻る

スマートフォンサイトを開設しました。

ご相談はこちらへ 0120-417-432 ご予約はこちらへ 0564-65-8711

Copyright 2008 竜美ヶ丘スキンクリニック All Rights Reserved.