Home >> 診療内容 >> 治療方法・機器別 >> 毛髪再生療法

毛髪再生治療HARG(ハーグ)療法

院長からひとことヘアーフィラー療法とはヘアーフィラー療法の流れ
毛髪再生治療HARG(ハーグ)療法とはHARG(ハーグ)療法の流れ
BENEV(ベネブ)療法とはBENEV(ベネブ)療法の流れ適応症状アフターケア治療例治療料金

ヘアーフィラー療法とは

ヘアフィラーとは、毛髪再生治療として専用に開発された 『世界初の毛髪用注入剤』 です。
髪の再成長・頭皮の再構築のために開発された「7種類のペプチド(ペプチド複合体)」が発毛に作用し、
発毛シグナルとして毛母細胞のレセプターに働きかけることで発毛を促します。
これらのペプチドが発毛増殖因子と同じ働きをすることで、髪を再生していきます。

・ ペプチドとは

アミノ酸が2個以上つながった(ペプチド結合)構造のものを 『ペプチド』 といいます。
ヘアーフィラーには、発毛に関与する「7種類のペプチド(ペプチド複合体)」が配合されています。

・ ヘアーフィラーの主な作用

  1. 毛包形成を誘発
  2. 毛乳頭形成を促進
  3. 血管新生、血流改善
  4. 脱毛因子の阻害
  5. 活性酸素による毛包・毛乳頭のアポトーシスの抑制

※男女共に治療できます。
※通常、2〜3週毎に約4〜8回治療を行うことをおすすめします。
   (症状や程度によって治療回数は異なります)
※治療効果には個人差があります。

ヘアーフィラー療法とは

  1. あらかじめ治療前(30分〜2時間程前)に治療部位に麻酔のクリームを外用します。
  2. 皮膚を消毒します。
  3. 治療
  4. マッサージ

※治療時間は20〜30分程度です

HARG(ハーグ)療法とは

HARG(ハーグ)療法とは、Hair(毛髪) Re-generative(再生)theraphy(治療)という言葉の頭文字で、
再生医療の技術を薄毛治療に応用した「毛髪再生医療」
です。
毛乳頭や毛包に失われたサイトカインを補充することにより、毛乳頭や毛包のホスト幹細胞を活性化させ、毛幹を再生成長させる発毛治療を「HARG療法」といいます。
成人の脂肪幹細胞から抽出した脂肪由来幹細胞分泌蛋白には、各種成長因子が豊富に含まれており、これを
頭皮に投与することで、毛母細胞および周囲幹細胞が刺激され、頭皮・毛髪の再生を促します。
この脂肪由来幹細胞分泌蛋白を精製・製剤化したものが、脂肪由来幹細胞分泌蛋白製剤advanced adipose-derived stem cell protein extract :AAPE® です。AAPE® は、PDGF(血小板由来成長因子)、b-FGF(線維芽細胞成長因子)、KGF(ケラチノサイト成長因子)、TGF-β1(トランスフォーミング成長因子)、HGF(生体細胞成長因子)、VEGF(血管内皮細胞成長因子)、Collagen(コラーゲン)、Fibronectin(フィブロネクチン)、SOD(活性酸素除去成分)など他150種類以上の多くの成長因子を豊富に含んでいます。AAPE® に含まれるこれらのサイトカインが
毛髪再生に関与しています。
(※HARG療法で使用されるAAPE® (脂肪由来幹細胞分泌蛋白製剤)は、脂肪幹細胞から、細菌、ウイルスフリーにて製造されており、非常に安全性が高いものです。アレルギー起因物質を含まないことが確認されており、
現時点において副作用の報告もありません。)

※男女共に治療できます。
※通常、約1ヶ月毎に約4〜10回治療を行うことをおすすめします。
   (症状や程度によって治療回数は異なります)
※治療効果には個人差があります。

HARG(ハーグ)療法の流れ

  1. あらかじめ治療前(30分〜2時間程前)に治療部位に麻酔のクリームを外用します。
  2. 皮膚を消毒します。
  3. 治療
  4. マッサージ
  5. 外用剤塗布

※治療時間は30〜40分程度です

BENEV(ベネブ)療法とは

BENEV(ベネブ)社製のGF Hair Care Complex には、毛髪再生に必要な様々なタンパク質を含む成長因子が豊富に含まれています。 BENEV(ベネブ)療法 は、頭皮の状態を治療することによって毛髪再生を促す最新の毛髪再生治療です。 高品質の製造方法および厳格な品質管理が必要とされる FDA認可施設が製造。

※薬剤を効率良く浸透させるために、ダーマローラーなどを用いて治療を行います。

※男女共に治療できます。
※通常、2〜4週毎に約4〜10回治療を行うことをおすすめします。
   (症状や程度によって治療回数は異なります)
※治療効果には個人差があります。

GF Hair Care Complexの成分表

主成分 機能(作用) 効果

ヒト線維芽細胞馴化培地

  • 塩基性線維芽細胞成長因子(bFGF)
  • シャペロンタンパク質
  • 顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)
  • 肝細胞成長因子(HGF)
  • インターロイキン(IL-6,IL-7,IL-8)
  • ケラチン生成細胞成長因子(KGF)
  • 基質タンパク質
  • 血小板由来成長因子(PDGF-AA)
  • トランスフォーミング成長因子 (TGF-β3)
  • 血管内皮成長因子(VEGF)
回復、修復、再生
  • 毛包の成長に重要なシグナル伝達に関与します。
  • 有効成分の働きを保護し、真皮層まで浸透させます。
  • 育毛や毛髪の伸長をもたらす毛包の成長および分化に必要です。
  • 育毛や毛包のDNA合成を促進します。
  • 細胞バランスおよび毛包内部の防御を保持します。
  • 毛包の成長を活発にするとともに毛包を保護します。
  • 健康な頭皮のための構造と機能をもたらします。
  • 上皮毛包の相互作用および漏斗部の管形成に必要な真皮間葉系の相互作用に必須です。
  • 毛周期のセグメントを制御します。
  • 毛髪を生物学的に制御し、育毛の促進、毛包および毛髪の増量に働きます。

ハニーサックルエキス

防腐剤、保護剤
  • 細胞障害を防御し、血管のホメオスタシスをサポートします。

1,2-ヘキサンジオール

保湿剤、抗酸化
バイオフラボノイド
  • フリーラジカルを中和するのに有効な抗酸化物質です。
  • 抗炎症作用、抗ウイルス作用、血管拡張(血管平滑筋を弛緩させる)作用を有するバイオフラボノイドです。

HARG(ハーグ)療法の流れ

  1. あらかじめ治療前(30分〜2時間程前)に治療部位に麻酔のクリームを外用します。
  2. 皮膚を消毒します。
  3. 治療
  4. マッサージ
  5. 外用剤塗布

※治療時間は20〜30分程度です

適応症状

アフターケア

  • 注射の針跡は非常に小さいので、徐々に目立たなくなります。
  • 治療後当日は、ジンジンとした痛みがありますが、数時間で徐々に改善していきます。
  • 治療後数日は、赤みが続きますが、徐々に改善していきます。
  • 治療後当日は、洗髪はできますが、薬剤の効果を高めるため、翌日からの洗髪をおすすめしています。
  • 入浴は当日からできます。
  • 治療後当日はアルコールの摂取を控えてください。
  • 治療後はマッサージや強く擦らないようにして下さい。
  • 治療当日は、整髪料はしないでください。(翌日から可。)
  • パーマやカラーリングは、治療前後1週間はしないでください。

※治療の経過や効果は個人差があります。

※男女共用の育毛ヘアケアシリーズ(シャンプー、コンディショナー、ローション)、育毛サプリメントも
   取り扱っています。

ホームケア

ペロバームシャンプー

Shampoo (150mL)
髪を長く、太く、健康な髪の
成長を促進するために必要な
成分を配合。
使用することで育毛に必要な刺激をあたえ、髪と頭皮を強くするための頭皮環境を整えることができます。


ペロバームコンディショナ−

Conditioner (110mL)
シャンプー後の髪に栄養を
補給します。

つやのある健康的な髪にする成分を配合したコンディショナーです。



ペロバームローション

Solution (60mL)
最先端の特許取得ペプチドは、頭皮と毛包の健康を維持するために、 有毛細胞を刺激します。
活性成分がふっくらと、つやのある髪を育てます。
二層カプセル化した成分は 頭皮に十分に吸収することができます。


ペロバームブローブロー

Brow Brow (5mL)
特殊ペプチド成分により、
自然でボリューム感のある
美しい眉毛を育てます。



ヘアーフィラー治療例

HARG(ハーグ)療法治療例(治療直後)

HARG(ハーグ)療法治療例(正面)

HARG(ハーグ)療法治療例(右)

HARG(ハーグ)療法治療例(左)

HARG(ハーグ)療法治療例(上)

HARG(ハーグ)療法治療例(真上)

治療料金

戻る

スマートフォンサイトを開設しました。

ご相談はこちらへ 0120-417-432 ご予約はこちらへ 0564-65-8711

Copyright 2008 竜美ヶ丘スキンクリニック All Rights Reserved.